病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

神経内科専門外来

診療内容

神経内科専門外来では脳、脊髄、末梢神経、骨格筋に生じる様々な病気について内科的な診療を行います。
脳、脊髄、末梢神経、骨格筋を総称して神経系とよんでいます。神経系のどこに病気があるのか、その部位と原因により、様々な症状がでます。
以下のような症状があるときに、神経内科の受診が必要かもしれません。
頭が痛い、意識が遠くなる、物忘れをする、けいれんする、めまいがする、言葉が話しにくくなる、飲み込みにくい、むせやすい、力が入りずらい、筋肉がやせる、歩くのが大変になった、ふらつく、振るえる、しびれる、など。
神経疾患の多くは、頭痛、しびれ、脱力、物忘れ、めまい、ふるえ、などの何気ない違和感から始まることが多いのが特徴です。診察には症状のあらわれ方を詳しくお聞きすることからはじまります。その後で、詳しい神経の診察をします。これには長い時間がかかります。ついで、病気の部位や程度を調べるために、血液検査、画像診断、脳波や神経伝導速度、など様々な検査を行って病気の診断をします。

心や精神の病気を中心にあつかう精神科や心療内科とは違う診療科ですので、間違わないようにしてください。また、認知症の周辺症状(徘徊・攻撃的行動・抑うつなど)に関する診療には対応しておりませんのでご了承願います。

診察日・担当医

診察日

  • 毎月第1、第3木曜日 8時30分~11時00分
完全予約制となっておりますので、お電話でご予約ください。
また、受診には他院からの紹介状が必要です。

担当医

  • 白井 慎一 (第1木曜日)
  • 長沼 亮滋 (第3木曜日)
PageTop