病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

管理栄養士と調理師による献立レシピ~減塩料理~ (2014.02)

第20回調理技術勉強会(テーマ「減塩料理」)で紹介した献立です。
ご覧になりたい献立をクリックしてください。
「減塩料理」とは・・・
高血圧症などの予防や改善のために、塩分を減らした食事のことをいいます。高血圧症とは、血圧が一定の基準(収縮期血圧140mmHgまたは拡張期血圧90mmHg)以上になった状態をいいます。高血圧症が悪化すると、心疾患や脳血管疾患、腎臓病などにつながる可能性が高まります。
  ※ 収縮期血圧とは、心臓の収縮により血液が全身に送られる時に血管にかかる圧力のこと。
  ※ 拡張期血圧とは、全身から血液が戻り、心臓が拡張した時に血管にかかる圧力のこと。
食塩を摂りすぎると、尿にナトリウムを出し切れず、血液中にナトリウムが溜まります。溜まったナトリウムを体の外に出すために、循環血流量が増加して、血圧が上がります。日本人の平均摂取塩分量は、男性11.3g/日、女性9.6g/日(平成24年国民健康栄養調査より)ですが、高血圧症では6g/日を目標にします。減塩食によって高血圧症を改善し、さまざまな病気を予防することが大切です。そこで、私達は“おいしく減塩”するレシピ「減塩料理(汁物つき)」を考えました。ご自宅の食事に取り入れてみませんか? 第17回の「うす味でもここまでできる!おいしい減塩料理」もぜひ一緒にご覧ください。
すべての献立をこちらからダウンロードできます。

< 戻る     次へ >


「管理栄養士と調理師による献立レシピ」一覧へ戻る

PageTop