病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

管理栄養士と調理師による献立レシピ~夏バテ防止~ (2013.07)

第19回調理技術勉強会(テーマ「夏バテ防止」)で紹介した献立です。
ご覧になりたい献立をクリックしてください。
「夏バテ」とは・・・
高温、多湿な状態や、空調などによる気温と湿度の急激な変化により、食欲が落ちたり、疲れやすくなることを言います。夏バテの原因は、気温や湿度の変化による自律神経のバランスの乱れです。自律神経は体温を調節する働きがあります。暑い環境では、汗をかいたり、血管を広げることで体温を下げ、寒い環境では、血管を縮めたりすることで、体の熱を逃がさないようにします。また、自律神経の乱れにより、寝る時に体温が下がらず、寝付きにくくなることがあります。そうすると、十分な睡眠がとれずに夏バテが長引いてしまうことがあります。
夏バテを解消するためには、ビタミンB1、たんぱく質、緑黄色野菜を含む「食事や水分を摂ること」、「睡眠をしっかりとること」が必要です。
そこで、私達は色鮮やかな夏野菜を使用した、夏バテ対策の献立を考えました。さっぱりとした味わいの料理や、様々な香辛料や調味料を使用し、風味も楽しめる献立が揃っています。これらの献立を活用して、この夏を元気に過ごしましょう。
すべての献立をこちらからダウンロードできます。

< 戻る     次へ >


「管理栄養士と調理師による献立レシピ」一覧へ戻る

PageTop