病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

北海道医療新聞:全身疾患合併例の硝子体手術にも対応 (2012.09.28)

 北海道医療新聞社発行の「北海道医療新聞」2012年9月28日・1947号に廣瀨茂樹眼科部長の記事が掲載されました。

 (以下、掲載記事)


201212211 高性能の網膜硝子体手術装置を導入し、「当院に多い糖尿病患者のほか、透析患者や全身疾患合併例に対する硝子体手術にも対応している」と、札幌社会保険総合病院の廣瀬茂樹眼科部長。
 現行の眼科医二人体制となった二十三年度以降、白内障手術をはじめとした手術数が増加。初年度は約二百八十件、二十四年度は三百七十件ペースに。
 今年一月に稼働した最新鋭の手術装置は、従来に比べ術中の合併症例を低減。安全で効率よく手術を行えるのが特長だ。増殖糖尿病網膜症、黄斑円孔などの受け入れも始めているという。
手術日を週三日設け、白内障手術は四ヶ月待ちという状況にあって、硝子体手術を半年余りで十件以上実施している。
 今後も手術件数が増えると見込まれる中、「枠の拡充、大学からの診療応援要請も視野に入れ、ニーズに応えていきたい」。

(札幌社会保険総合病院 眼科部長 廣瀨茂樹)

PageTop