病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

ME部のご紹介

ME部は部長以下の臨床工学技士(10名)・視能訓練士(4名)14名のスタッフで構成されております。

臨床工学技士

臨床工学技士は、主に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う仕事で、医学的・工学的な知識を必要とする専門技術者として医療の重要な一翼を担っています。業務としては、ローテーションで血液浄化、循環器(心臓カテーテル検査治療・ペースメーカ管理等)、手術関連装置やその他医療管理機器の操作・管理を行い、チーム医療の一員として患者様に安全かつ最適な医療が提供出来るよう業務に当たっております。
業務内容

1.血液浄化業務

維持透析・病棟への出張透析・CRRT(持続的腎代替療法)、アフェレーシス療法(LDL吸着、LCAP、GCAP、PE)、CART(腹水濾過再静注法)などを行っています。
透析室は、28床で月・水・金2クール、火・木・土1クールで稼働しており、4名の技士が担当しております。
業務内容は、透析機材の準備、プライミング、穿刺、開始・返血操作などの臨床業務のほか各種関連装置の保守点検などの機器管理があります。
透析装置は、多人数用透析用監視装置14台、多用途透析用監視装置10台、個人用透析装置4台あり、水処理装置はより純度の高い純水を生成するEDIシステムを導入しており、超純水透析液に対応しています。また、個人用RO装置もあり、病棟への出張透析時に対応しています。
業務の効率化、透析クオリティの向上をコンセプトとした透析情報管理システム「DiaCom」を使用しており、患者様一人一人に個人情報・透析条件等印字されているカードを持っていただいており、災害時に他施設での透析をスムーズに行えるようにしております。また、患者様の情報を集中管理するノートPCだけではなく、iPadを使用しスタッフ間の効率的な情報共有をスムーズに行えること、除水計算や透析装置への条件設定などはコンピューターにより自動で行うのでヒューマンエラーを軽減させ、安全な透析医療を提供しています。
LDL吸着療法 人工透析室

LDL吸着療法

人工透析室

2.循環器業務

心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈形成術(PCI)などに2名の技士が担当しています。
清潔野で医師の介助業務と外回りでの処置具の物出しやIVUS・FFR・OCT等の検査機器の操作等の業務を担当し、また、体外式ペースメーカ・IABP等の点検も行い緊急時にすぐ使用できるよう常に万全の体制を整えております。
IVUS操作(VOLCANO使用) 清潔野・外回り業務

IVUS操作(VOLCANO使用)

清潔野・外回り業務

ペースメーカーチェックペースメーカ業務では、植込み手術に立ち会い、プログラマーを操作します。また、ペースメーカ外来も担当し、植込み後のフォローアップを行っています。さらに、独自のデーターベースを構築してペースメーカの情報管理もしています。
ペースメーカーチェック

3.手術室業務

手術室内の医療機器(麻酔器・電メス・腹腔鏡関連装置)の点検・管理・眼科手術時の(白内障・硝子体)の機器操作を行っています。
麻酔器の点検業務

麻酔器の点検業務

4.ME機器管理業務

輸液ポンプ・シリンジポンプ・人工呼吸器・保育器・エアーマット等様々な機器を中央化管理しております。ME機器管理システム「HOSMA」を使用し、機器一台一台をバーコードで管理しています。院内PHSにて機器貸し出し・不具合対応、メーカーによるメンテナンス講習会(技術講習会)に参加し院内での修理・定期的な部品交換を行っています。
機器貸出

機器貸出

視能訓練士

視能訓練士は、現在3名おり外来眼科領域におけるスペシャリストとして医師の指示のもと視機能検査を行うとともに、斜視・弱視の訓練治療や3歳児検診や健康診断の二次検診も行っており、乳幼児からお年寄りまでの世代を超えて患者の皆様の大切な眼の健康を守るお手伝いをしています。
その他、勉強会などの学術活動にも積極的に参加し日々精進しております。
業務内容
主な検査業務は、視力検査、眼圧検査、視野検査(GP・HFA)、眼底写真撮影、光干渉断層計(OCT)、超音波検査、角膜内皮細胞検査、網膜電位測定装置(ERG)、眼位検査、両眼視機能検査などがあります。
眼科外来にて眼底写真撮影

眼科外来にて眼底写真撮影

ME部スタッフ(2015年8月現在)

スタッフ
スタッフ
関連学会・認定士
  • 日本臨床工学技士会(副会長・常任理事)、日本医療機器学会(評議員)、日本医工学治療学会(評議員)、日本アフェレーシス学会(評議員)、日本血液浄化技術学会(理事)、北海道臨床工学技士会(財務委員長・財務委員)、日本手術医学会、日本レーザー医学会、日本糖尿病学会、日本インシュリン学会、医療マネージメント学会、日本静脈経腸栄養学会
  • 血液浄化専門臨床工学技士(2名)、透析技術認定士(5名)、2級透析技能士(1名)、呼吸療法認定士(1名)、アフェレーシス認定技士(1名)、専門レーザー技師(1名)、第2種ME技術認定士(10名)、特定化学物質等作業主任者、危険物取扱第2種4類(1名)
PageTop