病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

看護部のご紹介

看護部長挨拶

看護部長挨拶 看護部長
札幌北辰病院は、札幌市厚別地区において数少ない公的医療機関の総合病院として、中心的な役割を担っている「地域医療支援病院」です。地域住民の皆様の健康を支援するために、「急性期」「慢性期」「予防」の時期を含め、地域と連携しながら医療と福祉の両面から看護を提供し、住み慣れた地域での生活を支援することに取り組んでいます。
私たちが大切にしていることは、安全で質の高い医療の提供です。そのために、一人一人の患者さんを尊重し、あたたかく思いやりの心を持って向き合うこと、確実な知識と技術を持ち、アセスメントと適切な判断を行い質の高い看護を提供していきたいと思っています。そして、このことは看護部理念へとつながっています。
当院では個々人の看護の質の向上に向けた人材育成に力を入れており、その一つとしてクリニカルラダーを導入しています。日々の看護実践からその力を評価することで、より専門性の高い看護職へと成長するプロセスを支援しています。
また、看護部教育委員会が中心となり、認定看護師の参画やEラーニングの教材を活用した最新の医療、看護の知識・技術を学習する環境も整っています。一人では生み出せない看護の提供も看護職同士や他職種と協力することで、チームとしての質の高い看護を提供することができるだけではなく、看護職も「専門職」として「人」として成長できる機会になります。
新人看護職の育成についても、自立した看護職員の育成だけではなく「看護職を育てる人の育成」にも力を入れており、院内外の研修・学会発表の他、JCHO組織のスケールメリットを活かした成長の機会があります。
私たちはこれからも社会の変化をとらえ、あらゆる健康の段階にある人々に質の高い看護の提供が行えるよう、地域も含めた医療チームの一員として取り組みます。
看護部理念
看護部方針
PageTop