病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

医療の現場から『フィッツ・ヒュー・カーティス症候群』(2012.11.08)

聴診器今年の4月から総合診療科で診療しております渡邉です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
当科では患者さんを総合的に診療することを目指しております。更に高度な医療が必要な場合には当院のそれぞれの専門科を紹介させていただき治療をお願いしております。
外来で総合的に診療しておりますと、色々な症状の患者さんを診療し珍しい疾患を経験する機会があります。
たとえば、皆様はフィッツ・ヒュー・カーティス症候群をご存知でしょうか。
この疾患は若い女性に多く、主症状はかなり強い腹痛が腹部の真ん中から右上腹部にかけて起こります。
他の症状として微熱があるくらいで、血液検査では炎症所見に乏しく、肝障害も軽症でありますので診断に苦渋することが度々あります。
症状等より胃腸炎などの消化器疾患と間違われて、胃腸薬等が処方されることがよくあるそうです。
実は、この疾患は、婦人科疾患であり、原因体はクラミジアであり骨盤内炎症性疾患の上行性感染による肝周囲炎が病態であります。
腹腔鏡で観察しますと、肝臓の表面の被膜だけに限局性の炎症が起こるため、そこにバイオリンの弦のような繊維性の白い癒着が認められます。
最近、診断には造影CT所見が非常に役立っております。造影早期相にて肝臓前面の表面に淡い造影増強効果が高頻度で確認されます。
治療としては、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキノロン系の抗生物質が使用され、2週間ほど投与することで治癒いたします。
このような珍しい疾患も総合診療科では時々診療することがあります。

(札幌社会保険総合病院 総合診療科部長 渡邉智之)

< 戻る     次へ >


「医療の現場から」一覧へ戻る

PageTop