病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

「ロコモティブシンドロームって知っていますか?~体組成計を使って筋肉量を測ってみましょう!~」(第21回) (2017.6.15)

2017年6月15日(木)に今年度第2回目(通算第21回)の「いきいき健康教室」(無料医療講演)を開催しました。今回は当院の管理栄養士が「ロコモティブシンドロームって知っていますか?」と題して講義を行いました。

ロコモティブシンドローム(以下:ロコモ)とは、運動器(骨、関節、筋肉)の障害によって、移動機能が低下した状態のことをいいます。ロコモが進行すると寝たきりや要介護のリスクが高まるとされており、早期予防が大切です。
また、ロコモにならないためには体重と筋肉の管理が重要で、太りすぎても痩せすぎてもロコモの原因となってしまいます。そして、筋肉を付けたいからとたんぱく質をたくさん摂取すればいいわけではなく、炭水化物と一緒に適量を摂取していなければたんぱく質は上手く利用されません。主食(炭水化物)、主菜(たんぱく質)、副菜(ビタミン・ミネラル)などをバランスよく摂取することが大切です。みなさんも規則正しい生活習慣を身につけ、継続することでロコモを予防していきましょう。

ご参加いただいたみなさま、天候が悪い中お越しいただきありがとうございました。

次回のいきいき健康教室は、7月27日(木)13時30分から当院外科医の小丹枝医師が講演いたします。ぜひみなさまお誘い合わせのうえご参加ください♩

ロコモティブシンドローム

 第21回いきいき健康教室のパンフレットはこちら(PDFファイル 636KB)

(JCHO札幌北辰病院)

< 戻る     次へ >

いきいき健康教室のご案内(開催報告一覧)へ戻る

PageTop