病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

「鼠径ヘルニア(脱腸)を知ろう!」(第14回) (2016.10.13)

2016年10月13日(木)に当院2階会議室にて今年度第4回目(通算第14回)の「いきいき健康教室」(無料医療講演)を開催いたしました。今回は当院の外科医が「鼠径ヘルニア(脱腸)を知ろう!」として、ヘルニアの「成因」「種類」「手術」についてお話しました。

ヘルニアとは臓器の一部が本来あるべき腔から逸脱した状態をいい、外科で治療が行われるものとしては鼠径ヘルニアや大腿ヘルニア、臍ヘルニアなどがあります。これらのヘルニアは、筋肉又は筋膜のないところにお腹の中から力が加わることで腹膜と臓器が飛び出して起こり、飛び出す臓器としては小腸、大網、膀胱、卵巣、精巣などがあります。
今回のテーマである鼠径ヘルニアは、こどもの場合は先天的で、胎児期の鞘状突起(しょうじょうとっき)が閉じずに開いたままであるためです。一方、大人の場合は後天的で、筋肉、筋膜の脆弱化が起こることで筋肉・筋膜の間に隙間ができ、拡大することでそこから臓器が飛び出して起こります。

鼠径ヘルニアの症状として、初期症状は立った時やお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかい腫れができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。ですが、次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。さらに腫れが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、ヘルニアのカントン(嵌頓)といいます。この場合は急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。

鼠径ヘルニアの根本的治療法は手術しかなく、こどもと大人では術式が異なります。
当院ではこども、大人のどちらの手術にも対応しておりますので、ご相談ください。

鼠径ヘルニア(脱腸)を知ろう!

 第14回いきいき健康教室のパンフレットはこちら(PDFファイル 587KB)

(JCHO札幌北辰病院)

< 戻る     次へ >

いきいき健康教室のご案内(開催報告一覧)へ戻る

PageTop