病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域協議会
倫理審査委員会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

X線CT検査

X線CT検査
 
CT(Computed Tomography:コンピューター断層撮影)検査はX線を用いて、体の断面の画像を撮影する検査です。
CTは画像データから様々な断面像や3D画像を作成することができ、身体の内部を詳しく調べることができます。
X線CT検査検査方法・時間
  • 検査の10分前までに外来窓口で受付してください。
  • 検査前に撮影部位にある金属類などを事前に取り除き、検査着に着替えていただきます。
  • 検査内容によって造影剤という検査薬を使用することもあります。
  • 検査時間は検査内容によって異なり、約10~20分程度です。
注意していただきたいこと
  • 検査前に薬の服用等にご協力いただくことがあります。
  • 1週間以内にバリウム検査を受けた方はCT検査が出来ない場合があります。
  • 造影剤使用後は水分補給を行い、造影剤の排泄を促してください。
  • 造影剤の使用にはまれに副作用が生じることがありますので、以下の項目等の造影剤についてご理解・ご協力ください。(造影検査問診票への記入及び造影検査同意書への署名をご協力いただいています。)
造影剤検査を受けられる方へ
1. 造影剤とは
CT用の造影剤はヨード製剤でいくつかの種類があります。造影剤を静脈内に注入することで鮮明な画像が得られ、血管の状態、臓器や病変の血流状態や特徴がわかり、精度の高い診断が出来ます。造影剤を使わなければ病気を見つけることができないことがあります。

2. 造影剤で副作用が生じる危険が高い状態
CT用の造影剤の場合、アレルギー体質の方は副作用を生じる可能性が約3倍高く、なかでも気管支喘息の方は約10倍といわれています。次に該当する方は、造影検査の前に主治医とご相談ください。
  1. 以前に、MRI用またはCT用の造影剤で具合が悪くなったことがある。
  2. 気管支喘息やアレルギー体質と診断されている。
  3. 重い腎臓の機能低下がある、あるいは腎臓の病気があると診断されている。
  4. 糖尿病の飲み薬を服用している。
  5. 甲状腺機能亢進症と診断されている。
  6. 妊娠中、妊娠している可能性がある。(胎児に対する造影剤の影響がよくわかっていない)
  7. 心臓など循環器の機能が低下している。
  8. 授乳中の方
3. 造影剤の副作用
検査中や検査直後(即時型副作用)もしくは、検査後数時間から数日後(遅発型副作用)に生じる副作用があります。
  1. 即時型副作用 軽い副作用:吐き気、嘔吐、熱感、皮膚の異常、くしゃみ、せきなど 重い副作用:冷や汗、血圧低下、胸が苦しくなる、呼吸困難など(10万人にひとり程度)
  2. 遅発型副作用 検査後数時間から10日後くらいの間に、体のだるさ、頭痛、皮膚の異常など
  • 症状がでた場合は、病院までお電話ください。
4. ビグアナイド薬内服患者の造影剤使用による副作用出現の危険性
糖尿病治療薬の1つであるビグアナイド薬を内服している患者さんが造影剤を使用することにより、まれに乳酸アシドーシスという重篤な副作用を起こすことがあります。そのため、造影剤使用前48時間、使用後48時間の休薬が必要になります。



64列・16列マルチスライスCT装置 ~Aquilion64・Aquilion16 東芝社製~

近年、CT装置は検出器の多列化が進んでおり、分解能の向上と共に検査時間短縮により時間分解能の高い撮影が可能となってきました。また、高解像度 の画像と3次元画像処理等により、形態的診断のみならず質的診断に有効な情報も得ることができ微細病変の描出に優れた威力を発揮します。
当院に於いても64列と16列の2台のマルチスライスCT装置を整備し、地域の中核病院として地域医療機関との緊密な連携に努め、地域の人々に対する医療・保健・福祉の向上に貢献していきます。

CT装置 CT臨床例


PageTop