病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域医療協議会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針

医師:採用情報

当院は標榜診療科21の許可病床276床の一般急性期病院です。地域医療支援病院の指定を受け、厚別区の中核病院として、患者さんに対する全人的医療の提供はもとより、近隣の病院・診療所との連携も積極的に行っています。 地下鉄、JR、バスセンターが集まる新さっぽろ駅すぐ近くの好立地であり、遠方からも多くの患者さんが受診されております。
是非、熱意のある方のご応募お待ちしております。

現在募集中の診療科

募集案内

総合診療科医
総合診療科ではスタッフ(医師経験年数6年目以上)、後期研修医を募集しています。
ご挨拶
当院は急性期DPC病院です。H28年4月から総合診療科は救急総合診療科として生まれ変わりました。紹介状を持たない初診すべてと多彩な症状により地域連携経由で紹介された患者に対応する初診外来、主として内科的な症状のフォローを行う再診外来、急性期入院治療とともに平日日中の救急車対応を行っています。
また、H28年10月より地域包括ケア病棟を開設しました。(H29年4月より本稼働)ここでは在宅復帰70%以上を目指し、リハビリを主体とした亜急性期の管理を行います。総合診療科はこの病棟の責任診療科となります。
H29年4月より在宅医療(訪問診療)もスタートします。まだ数は少ないと思いますが、当院の位置する厚別区は在宅医療を行う医療機関が少なく需要はかなり大きいと見込んでいます。これにより「ゆりかごから墓場まで(急性期から慢性期まで)」患者さんとお付合いすることができます。
毎日16:30から全体カンファレンスを行っており、その場で当日の外来困難症例、地域連携経由の紹介症例、入院患者について方針の確認を行っています。カンファは時間厳守で、終了後、病棟の全患者を回診します。その他として病棟の多職種カンファレンスが週1回、内科全体カンファレンスが月1回あります。各科のカンファレンスも充実しており、そちらに参加していただいてもかまいません。初期や後期研修医がおりますので適宜、彼らの教育もしていただけると大変助かります。
患者さん向け勉強会はまだ未実施です。話はあったのですがマンパワーが足りていません。あなたが来ていただければ可能かと思います。よろしくお願いします。
主な体制
・渡邊智之 総合診療科医長
日本内科学会 総合内科専門医/認定内科医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医
・若林崇雄 総合診療科・医師(当院プログラム責任者)
日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医

1.スケジュール

週間スケジュール例
総合診療科の週間スケジュール(1例で変化します)
週間スケジュール

先生のご希望により初診外来・救急当番は増減できます。
平成29年度より在宅医療開始予定
平成29年度より地域包括ケア病棟管理予定
学生実習あり。学生の指導も適宜あります。
※PCLS(primary care lecture series)は札幌医大地域医療総合医学講座と松前町立松前病院が運営する on-line lectureです。朝7:30からで希望者は視聴することができます。総合診療科では夜間・休日の当番制を行っています。当番以外はoff-dutyですのでご安心ください。日中しっかり働いて、それ以外はしっかり休んでください。

以下の方、歓迎します。
①内科・総合診療専門医後期研修修了後
 外来・入院・在宅・地域包括(慢性期)・患者教育などを有機的に連結させることを目標としています。その際、すでにその研修をされた方々には当科としても互いに教育する文化を形成し、no blame culture で教え教えられる総合診療を目指しています。

②他科より総合診療科をご希望の方(開業をお考えの方など)
 基本的には3年間の後期研修をお勧めします。しかし1~2年程度の研修も歓迎します。初診外来を中心として疾患の自然歴(illness script)を学ぶ病棟研修を組み合わせて行っていただければと思います。外来症例のフィードバックは振り返りカンファレンスや、終業後の電子カルテ振り返りを行います。在宅や慢性期医療も経験いただければと思います。いろいろな疾患や社会的問題にある程度対応する能力が身に付けられるよう配慮します。

③女性医師支援(女性に限らずしばらく医師業務を行っていなかった方の復職支援など)
 当科の研修はフレキシブルに行うことができます。当科では週末当番制を敷いていますが、当番参加が難しければ申告してください。またその他にも協力をしながら医療に携わっていただければと思います。当科の考えですが、すべての方に同じ負担をかけるのは無理です。困ったときはお互い様、協力し合いながらなんとかやっていければと思います。

当院では学会発表をした場合、何回でも出張費が出ます。学会発表をしない場合、年1回講習会や学会に参加可能です。その他JCHO学会やJCHO関連セミナーなど参加できます。

他院とのカンファレンスを企画しています。他院の研修医に負けない臨床能力を涵養すべく日々頑張っています!

学位が欲しい方は札幌医科大学大学院の社会人入学や半日研究生をお勧めしています。

2.道外の方へ

札幌はいい街です。なにより街がきれですよ。大通公園では夏のビアガーデン、冬は雪まつり、そしてなんといっても秋のオータムフェスト(収穫祭です)がお勧めです。中央区にスキー場があるくらいに自然に恵まれていますし、200万人都市ですがやたら広いので人口密度は低めで落ち着いた街です。近隣には海も山も牛も馬も農場もあります。
お子さんのいらっしゃる方、札幌は公園も多くのんびりと子育てできます。また少し大きなお子さんがいらっしゃれば進学なども気になると思いますが、札幌であれば進学関連に悩むことはないでしょう。

【当院の交通・住宅】
当院は新さっぽろに位置します。JR地下鉄が交差しておりいずれからも3分以内の立地です。新札幌駅から千歳空港までは快速エアポートで36分、札幌駅までは9分、大通までは19分です。
住宅は社宅完備しています。単身用も家族用もありますのでご相談ください。一般住宅を賃貸する場合は補助がでます。

【当科の矜持】
総合診療科は内科の下請けでも振り分け診療科でもありません。一見してよくわからない症例でも診断できる確かな臨床能力を持ち、その上で患者さんに真心をもって接する、そんな診療科でありたいと思っています。もちろん私たちは万能ではありません。己の限界を知り、他科と協力しながらより良い医療を創造していくことを目指しています。

まずは見学を!

採用人数 若干名
業務内容 総合診療科の外来・入院診療
採用日 随時
処遇 独立行政法人地域医療機能推進機構職員給与規定による手当あり
休日・休暇 原則土曜日・日曜日・祝祭日、夏季休暇、年末年始、有給休暇
応募方法 下記応募フォームよりご応募の上、次の書類を総務企画課宛にご郵送ください。
応募フォーム こちらからご応募ください。




産婦人科医
採用人数 若干名
業務内容 外来(2診体制)・病棟・健康管理センターにおける子宮がん検診
採用日 平成29年4月1日
処遇 独立行政法人地域医療機能推進機構職員給与規定による手当あり
休日・休暇 原則土曜日・日曜日・祝祭日、夏季休暇、年末年始、有給休暇
応募方法 電話連絡の上、次の書類を総務企画課宛にご郵送ください。

応募先・問合せ先

応募書類送付先

〒004-8618 札幌市厚別区厚別中央2条6丁目2-1
札幌北辰病院 総務企画課宛て

問合せ先

病院代表電話 011-893-3000
E-Mail:soumu@hokushin.jcho.go.jp
総務企画課長補佐 江口

PageTop