病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
医療関係の皆様へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
学術活動
調達情報
情報公開
バリアフリー情報
契約情報公開
地域医療協議会
病院広報誌
よくある御質問
個人情報保護方針

耳鼻咽喉科

診療内容

耳、鼻、のどの疾患、めまい、頚部腫瘤、睡眠時無呼吸症候群などの診療を行っています。
外来では必要に応じて内視鏡検査、聴力検査、X線検査、CT検査、MRI検査、エコー検査、採血検査などを行い、質の高い診療を心懸けています。
手術、急性炎症、めまいなどに対し入院治療を行っています。手術は耳、鼻、のど、頸部のさまざまな病気に対して行っています。

特長・特色

外来予約制の実施
待ち時間短縮のため、予約制を実施しています。
(※新患は予約不可)
小児領域の疾患
小児の治りにくい中耳炎に対して行う、全身麻酔下の鼓膜チューブ留置手術は原則、日帰りで行っています。また、乳幼児の他覚的聴力検査も行っています。
手術ナビゲーションシステムを使用した副鼻腔手術
手術ナビゲーションシステムを使用することで、手術を行っている位置を三次元的に確認することができます。これにより、手術の安全性、確実性が向上します。
睡眠時無呼吸症候群の入院検査・治療
睡眠時無呼吸症候群は、日中傾眠、作業効率の低下等の症状を引き起すことがあります。
診断は、一泊入院で、ポリソムノグラフィー(PSG)という検査機器を用いて行っています。PSGは脳波を記録して睡眠状態を把握するためより正確な診断が可能です。
重症の場合には経鼻持続陽圧呼吸装置による治療などを行っています。
アレルギー性鼻炎に対するレーザー治療
アレルギー性鼻炎による慢性的な鼻つまりに対するレーザー治療を行っています。
認定施設情報
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設

医師の紹介

栗原 秀雄(くりはら ひでお)
役職
耳鼻咽喉科部長
専門・得意分野
耳鼻科診療全般
資格・所属
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
稲村 直哉(いなむら なおや)
役職
耳鼻咽喉科医長
専門・得意分野
耳鼻科診療全般
資格・所属
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
PageTop